ヨガ・研修講師の大西 千春です!

「ストレスに強くなる」というのは、ストレスを避けることではなく、ストレスを経験するなかで自分自信を積極的に変えていくことなのです。

引用:Kelly McGonigal, スタンフォードのストレスを力に変える教科書

change

「ストレス」と聞くとどちらかというとネガティブで悪いものという認識がある方が多いのではないでしょうか?ストレスが悪いものではないことを上手に説明している方がいました。

先日、ストレスチェック制度についての講義をうけているなかで講師の方がこんなことをいいました。

「ストレスが高いからそれが悪いってことじゃないですよ。だって、今、私は200人を目の前に講義をしてますから、ストレスは一番高いですよね。だからといってそれが悪いって訳じゃないでしょ。」

聞いている会場からは、あまりにも腑に落ちたので笑いがでていました。

 

では、どんなことによりストレスを感じることが多いのかをみていきましょう。

「労働者健康状況調査」(2014)によると、仕事や職業生活に関する強い不安、悩み、ストレスを感じる上位項目は以下の通りです。

  1. 職場の人間関係
  2. 仕事の質
  3. 仕事の量

 

これらの項目にどのように対応していけばいいかを、次回のブログ、「心を整える 理論1 注意力の向上」にてご説明しますね。